加盟店からのお知らせ

12. はんこの種類で選ぶなら。流麗で強いオランダ水牛・牛角

主にアフリカ(オーストラリアもある)で取れる牛の角による材料。オランダ水牛と呼ばれていたが、近年は牛角と呼ばれています。美しい紋様と、飴色が流麗でとても人気のある商品天然の素材のため、印材によりコントラストや柄の入り方も違い個性豊か。優しい見た目で芯の強さを持つ素晴らしい材料。とてもお薦めの一品です

13. はんこの種類で選ぶなら・お手頃な柘(つげ)

天然自然の素材木の中では密度が高く精密な彫刻にむいており、古くから細工用として用いられてきました国内では現在、鹿児島産が主な産地になっています。農家の人々が繰り返し植林し育てているため、森林を破壊しない環境に優しい素材として注目を浴びています。ただし、はんこに用いると長い間の使用により、朱肉の油を吸収してしまい細い枠などが他の材料に比べて欠けやすくなる短所がありますので、使用は他の材料よりも丁寧にお使い下さい。

14. はんこの種類のご説明・最高の材料の高級本象牙

象牙(ぞうげ)はんこを押した時の朱肉離れが良く大変キレイに押すことが出来、長い間使っても耐久性が変わることなく強く、彫り直しなどで代々使える強さを持つ「印材の王様」として、昔から使われていた材料です。ひび割れや虫食いにも強く精密な彫刻に向いています。※象牙のランクとは※象牙の品質は印材の採取場所によってランク(質)が変わります。牙の中心部に向かうほど目が細かく揃っている為、お値段も高価になります現在、象牙はワシントン条約で輸出入が禁止されていますが特別国際種事業届をしておりますので、お買い上げいただけますので安心してご購入下さい。『大切なあなたの名前を刻む印章』最高の一本を。

16. 好印象!「鍵は新しい朱肉とスタンプ台」

Q:『はんこがきれいに押せない・・・。』A:新しい朱肉とスタンプ台に取り替えましょう通常3年も使うと表面のパッドも擦れ、取り替えの時期ですメーカーより年々良い製品も発売されています。 きれいに押すことが出来るグッズのご紹介です。○捺印する紙の下に置くだけ「印マット各種 大型2100円・小型930円・特小410円(各税別)」○きれいに押せて乾きが早い速い!「朱肉」各種揃っていますキレイな印影で好印象!商売繁盛。

17. はんこを彫る時に使用する印刀(いんとう)。

写真は、ハンコを彫る時に使う道具の写真左側は印床(いんしょう)、ハンコを印床にセットして文字を書き、荒彫り、そして仕上げまで。右側は印刀です、通常太さの違う5本から8本位の印刀(いんとう)を用い線の間隔の狭さにより使い分け、ハンコを彫刻します。印刀にはもう1本「仕上げ刀」と呼ばれる特殊な印刀があり、仕上げ専用に作られた印刀です。手彫りのはんこ」は、この道具を駆使して丁寧にお客様の大切なハンコを彫り上げます。

18. スタンペン ペンとネーム印 4Fmetalがお勧め!

ネームとボールペンのセット《シルバー・ピンク・ブルー・ブラック・ゴールド》普段使いならネーム印とボールペン一緒なら便利・・・・でも高いのはちょっと・・そんなときは「スタンペン」どんな苗字でもフルネームでも1100円(税別)です。(作製に1週間ほどかかります)当店お勧めは高級感が溢れる!ネーム印・シャープペン・赤・黒ボールペン付【4Fmetal】!ブラック・レッド・シルバーの3種類のボディカラー価格・・・・3500円(税別)

20. 伝統の技を水牛の角に描く。

黒水牛の角(つの)から出来た良質な材料に伝統工芸の蒔絵(まきえ)。女性の方に大変ご好評、花の模様を12種類。花の絵柄・・水仙・忘れな草・すみれ・スイトピー・カーネーション・紫陽花・ゆり・ポピー・コスモス・ダリア・菊・カトレアの中からお好きな絵柄をお選び下さい。お選び頂いた材料にに一本一本丁寧にお作りします。『プレゼントにも、自分用にも最適』。大きさ・・直径12ミリ値 段・・15100円(彫刻代金込み:税別)